カテゴリー別アーカイブ: 荒井’s 日々

ブログマラソン

去年の3月13日から、「週6で1年間ブログ更新を続ける」という目標を定めて、
どんな風に自分が変わるか見てみたい、というのがあって続けてきましたが、
結果から言うと、

「やってものすごく良かった。」

です。これをやっていなければ、今ここにないものがたくさんあると思う。

自分を知ってもらうっていうことが楽しいし、そこから生まれる関係ってたくさんあるんだなぁと思いました。

どんな考えで、どんなことが好きでっていうのを知ってもらえるだけで、人間関係において
アドバンテージがあるということを感じました。

誰かが、私に話しかけてくれる時、その人が私のブログやFacebookやTwitterなどを予め読んでいてくれることがありました。

それって、人間関係において、既に一歩進んだ状態からスタートしているってことです。

この時代じゃなければ、名刺を配ったり会話を重ねたりして、自分を知ってもらうために説明していく必要がありました。

しかし、この時代にブログなどSNSツールを駆使すれば、世界中に名刺を配れるのです。

これがしかも無料です。

さらにいいことに、文章伝達能力のトレーニングになったり、自分の好きなモノを発信することで同じ趣味の人が集まってきたり、いいことづくめです。

1記事にかける時間は、圧倒的に短くなりました。
質が伴うかどうかはわかりませんが、反射的に書けるようになってきているのは事実です。

ただ、もちろん気をつけないといけないこともあると学びました。

いわば拡声器なので、誰かを傷つける発言や、社会的に認められない発言はその被害を大きくするということです。

Twitterで冷蔵庫に隠れて遊んだりしている人が問題になりましたが、それが最たる例です。

それも込みでトレーニングと考えれば、人前で何かを発言するときに失言をしないような配慮をすることができるようになります。

今後は週6更新はさすがにやめますが、サシノミストの時など気が向いたらまた更新します!

ガチ桜

湘南乃風好きなんですが、特にその中でも好きな曲「ガチ桜」

桜の季節に聞きたい一曲。

最初そんな好きじゃなかったんですが、聞いている内に好きになった曲です。

なんか気づいたらこのブログで最近曲紹介多いな。歌が好きだからしょうがないですね。

詩が超熱い。

「何が正しい?何が過ち?
マジわかんねえ未来この先 でも信じてやる 自分の物差し
信じてくれる家族友達 恋人すべてが俺の魂」

風呂の中でiPhoneでこれを再生するのが一時期ブームでした。

一緒に歌うとなお楽しい。

いつかライブに行きたい。

特に好きな若旦那の、歌うときの身震いジェスチャー(と勝手に呼んでいる)生で見たい。

あとレッドライスのだみ声聞きたい。

海よ

とてもいい歌を発見しました。

「海よ」

みゆきさんの奏でるメロディと詩がマッチした名曲ですね。

この人の声が好きです。

海に問いかける人の姿が浮かんできます。

なんか日本海ってイメージです。しかも場所は島根の海沿いの道路かなー。

DSCN7648_convert_20130403225207

少し肌寒い風が吹いていて、時刻は16時ぐらい。季節は春。

車の運転中に途中で降りて眺めている感じです。


時はいま いかりをあげて
青い馬に 揺れるように
古い荷物たちを 捨てに行こうね

この部分の歌詞が味わい深いです。特に。
言葉ではうまくいえないですが、なんかわかります。

その感覚、めちゃめちゃ大事です。自分にとって。よくわからんけど、なんかわかるっていう。

うみよぉ~おまえはぁ~~♪って覚えてカラオケで今度歌お。

新曲覚えてカラオケで歌うの楽しいですよね。

思考空間としてのサウナ活用法

みなさんは、思考をどこで行うでしょうか?

自分の部屋、カフェ、海とかいろいろあると思いますが、
圧倒的に私の場合思考がはかどる場所があるのです。

それは

【スーパー銭湯】もしくは【温泉】です。

とにかく暖かいお湯があって、サウナがあるのがマストです。

人は熱い場所にいると、ネガティブなことは自然と考えづらくなるそうです。

また、思考は水が近くにあるとはかどるとも言われています。

よって、上記2つの場所の条件も満たしているわけです。

温泉というリラックス効果も合わさって、より本質に近いところで思考できます。

そしてロッカーに携帯電話を入れておくので、連絡がひっきりなしにくるような、
余計な刺激もなくなります。

自宅から徒歩1分のところに、サウナ付き温泉があるので、
最近は週2~3で行っています。

d689ca6d

よし、また今から行きます。

麻婆カレー

麻婆豆腐という食べ物が好きすぎて、
常にうまい麻婆豆腐がないか探しています。

今回麻婆豆腐ではないのですが、
うまい麻婆テイストの食べ物を発見しました。

松屋の「麻婆カレー」

5f546fdf9dc5eb818890209311545312

ごっつうまい。なんていうか、高級料理とかそのうまさとは違うのだけれど、
麻婆のスパイシーテイストにカレーの安定感が加わって大盛りでもぺろりいってしまう。

途中の揚げなすがピンポイントでまたたまらん。

松屋って定期的に麻婆シリーズを出してくるので、毎回楽しみです。

簿記3級のポイント備忘録

簿記3級の勉強をしています。勉強の本質はアウトプットに有りますので、
備忘録的にここにポイントを書いておくことで私の勉強とします。また、簿記3級を勉強している人は是非見てください。
簿記やってない人にはよくわからないと思いますが(^_^;)

【注意するべきポイント】

・計算機の数字の押し間違い。(そのまま進むとどこでミスしているのかがわからなくなり、
結局最初からどこで間違ったかを探すために計算をし直すハメになる)
→スピードを落としてでも計算機を慎重に押す。

・買掛金・売掛金の書き間違いがたまにある。また、買掛金を売掛金と勘違いして借方に記入することがある。

・前払い手数料や前受家賃、未収金などは貸借対照表に記入される。損益計算書に記入しがち。その場合精算表の最後の計算が合わなくなる。
→一方、支払利息や受取利息などは損益計算書に記入。

→見分け方として、「事実」なのか「未来」なのかで判定。支払や受け取りの「事実」があるものは損益計算書、「未収」「前受」などの「未来」に関するものは貸借対照表と覚える。

・仕入れ時に伴う運賃などは仕入れに含めて処理。一方、売上発生時に伴う運賃は分けて処理。

例:発送費が10円で現金払い、仕入れは掛け)

仕入れ(110)-売掛金(100)現金(10)

・加えて、売買目的有価証券購入時に伴う手数料も同様に売買目的有価証券に含めて処理。
例) 現金で3000円分の有価証券を購入し、手数料が50円だった場合↓

売買目的有価証券(3050)-現金(3050)

→また、この売買目的有価証券の価値は、評価替え時にはそのまま適応される。
→仮にこの有価証券の価値が3100円になった場合↓

売買目的有価証券(50)-有価証券評価益(50)

さらに、固定資産(建物・土地・備品・車両運搬具)購入時に伴う費用(登記料、仲介手数料など)も固定資産の購入費用に含めて処理。

【覚えておくべきポイント】

・勘定記入において、次期繰越及び前期繰越と記入されるのは、資産項目において借方、負債/純資産項目において貸方。(勘定記入、正直苦手です。これだけでも覚えておくと違います。)

・繰り延べと見越しの違い(言葉から想像しづらくややこしいので確認)

繰り延べ→あらかじめ来期の保険料などを払っていた場合に、その来期に該当する分を前払いとして計上。(受け取りなら前受)

見越し→まだもらえてないけどいずれ来期にもらえる利息を、今期分の利息として計上。(受け取り利息であれば未収利息として)

・誤った取引を訂正する場合(訂正仕訳)

→簡単に言うと、正しい仕訳に、誤った仕訳の逆の仕訳を足すだけ。

【名称を忘れがちな仕訳項目】
・手形売却損
・手形貸付金
・有価証券利息(受取利息と違う)
・商品券(他店商品券)
・貸し倒れ損失(前期に設定された貸し倒れ引当金を超えて、貸し倒れが発生した場合に適用)
・償却債権取り立て益(前期以前に貸し倒れ処理した売掛金などを回収した場合)
・当座借越(2勘定制の場合。1勘定制の場合は当座借越という項目はなくなり、すべて「当座」で処理)

【各項目の取り扱い】

 資産 →  受取手形,貸倒引当金
 有価証券,商品,貸付金,前払金,仮払金,立替金,未収金,前払費用,
 未収収益,建物,機械装置,車両運搬具,備品,土地

 負債 →  支払手形,買掛金,借入金,預り金,前受金,仮受金,未払金,前受収益,
 未払費用

 収益 →  売上,受取手数料,受取利息,受取家賃,有価証券売却益,有価証券評価益,
 雑益,固定資産売却益,償却債権取立益,貸倒引当金戻入

 費用 →  支払保険料,支払家賃,支払手数料,貸倒引当金繰入,貸倒損失

【勘定記入】

一番苦労しているのがここです。
未だにわかっていませんが、わかってきたことを記載。

決算時においてまだ回収していない代金(未収利息など)を、未収として振替し、
当期の数字から外す。

そして来期になった瞬間(多くは1月1日として設定されている。)に、再振替(未収としていたものを、受け取りに変更)する。

そのプロセスが勘定記入。

受取利息などの収益項目に繰越という概念はなく、
決算時であるため、「損益」として処理をする。

未収利息においては、来期を想定しての項目であることから、「前期繰越」がおこなわれる。

というか、このまとめを作った事自体が超勉強になりました。

やっぱりアウトプット大事ですね。

Starbucksのこだわり

ダウンロード

このフレームに、Starbucksのこだわりを感じた。

フォントもかっこいいし、このためだけにこれを作っているところもいい。

自分の店舗にも導入したいくらいだ。ということで導入を検討中。

こういうのって、コストをかけてどれだけ効果があるのかなぁ~とか考えがちなのですが、
そういう次元じゃなくて、もうこういうのをやりたい、これがかっこいい、という想いでやっているはず。

だから、自分もこだわるところはとことんこだわろうと思う。

子供の頃好きだった「おみせやさんごっこ」

私は、子供の頃から自分で商売をやっていくというのに憧れていたので、
夢が一歩進み、嬉しいです。

子供の頃、
好きな遊びは「お店やさんごっこ」でした。原っぱでひろってきた、きれいなビー玉、石、なんかよくわからんガラス製のもの、とかなんでもいいので、売り出すのです。

本物のお金はないので、物々交換が基本でした。相手のもっているビー玉や、BB弾、牛乳瓶のフタ、花、なんでもいいので自分がほしいと思ったものと交換していました。

ただそのへんで拾ってきたものなのに、相手が欲しがることがあって、それが自分のほしいものへと変わる、このプロセスにただただ興奮していました。

そして中学生になると「マジック・ザ・ギャザリング」というトレーディングカードゲームにはまりました。
(またデュエル!!して~~なぁ~~)

これも何が楽しいかというと、もちろん友達と対戦することがメインなのですが、一方で「商売」として楽しんでいました。

しょぼいカードとめちゃくちゃレアで高いカードを、インターネットの掲示板を使い、その「しょぼいカード」を望む人に対して条件を提示し、交渉によってはこちらの望むカードと交換することができたのです。
(ただし、これは専門用語でシャークと呼ばれ、交換レートを知らない人に対して行う倫理観を無視した行為であり、あまり推奨されていたものではない。)

そして、その集めたレアカードを、交換条件「福沢諭吉・新渡戸稲造・夏目漱石」と書き込み、交換していました。(今考えると、法的にOKなのか?)

その気分は「お店やさんごっこ」でした。

また、自分で集めたカードをパッキングして、まとめ売りとして友達に販売もしていました。

ポイントは、中が見えないようにパッキングし、空けるまで何が入っているかわからないワクワク感を味わえることです。もちろん、レアカードも入っているので、それをひいた人はめちゃめちゃラッキーです。決して、詐欺な商売はやりません。

当時、1枚3000円を超えるカードもありましたから、それが当たればコスパはめちゃめちゃいいです。

確か一パック300円ぐらいでしたが、そこそこ売れました(笑)

買ってくれた友達、ありがとう。

こう考えると商売って、ゲームとしてめちゃめちゃ楽しいんだと思います。

生活のために稼がなきゃいけない、って考えたらなんか辛くなるけど、
これが私があの頃感じていた興奮の延長線上にあるものだとしたら、たまらなく楽しいです。

今度は、「お店やさんごっこ」ではなく、正真正銘、「お店やさん」なのだ。
あの時の小学生の時の俺、夢、叶ったじゃん。

そしたらめっちゃこの環境、嬉しいじゃん。

めっちゃ頑張るしかないじゃん!!ヽ(=´▽`=)ノ

世界の構造を理解したい

今日本人が海のむこうで大変なことになっていて、
ちょうど今月の図書としてノーベル平和賞を受賞したマララさんの本
「わたしはマララ」を読んで、平和について考えていました。

日本のこの治安の良さを、自分が生まれた時から手に入れていたから、
全く知らなかったから、当たり前だったけれども、
平和を手に入れるためにどれだけの血が流れ、人生を捧げた人がいたというのか。

こういったことをようやく少しだけ実感できるようになれたけども、
ここまでいくのにも27年かかった。

そして思ったこと、日本人である私は、それが日本人であるという原因に起因するだけではないが、

【世界の構造を何も理解していない】

【世界の構造への理解が全くたりない】

国と国とが和平協定を結ぶことがどれだけの奇跡的な条件、また歴史があって結ばれているのか、
この本を読むまで、また今回のような事件があるまで、そんなに実感していなかったです。

例えば9月11日に起きたテロリストの時も、何かすごいことがおきた、という認識であって、
それが世界的にどんな意味をもつのか、それすらも実感していませんでした。

【戦争終焉】がどれだけ当時の人にとって、喜ばしいことだったか。

まず、法整備から必要になり、政党が実権を持ち、水道・電気のようなインフラ整備など、無法地帯から現在の先進国の状態にもっていくまで、志ある人々の血がどれだけ流れただろう。

まだまだ、このように世界の構造を理解していない部分があるので、
これからもっと本など読み理解を深めていくつもりです。

ソフトテニス部始動。

久しぶりにソフトテニスをやりました!!

10500310_329972190530687_5383958866716116177_n

私は中学、高校共にソフトテニス部でしたが
青春時代を思い出して、まるであの頃に戻ったかのようにただひたすら白球を打ち返すのがオモロイ。

正直たのしすぎて、我を忘れてはしゃぎすぎてしまいました(^_^;)

はしゃぎすぎて、スライディングキャッチの際に爪をはがしてしまいました(笑)
超イタイです(^_^;)

部員募集中です!!

こちらから入部してください(^^ゞ

http://benkyo-cafe-osaka.com/cn38/softtennis.html