かけがえのない人間になるためには、 常に他の人とは違っていなければならない。サシノミスト活動記録その6:丸谷若夏さん

■ブログランキング

ブログランキングに参加しています。現在の順位は!?

日記・雑談(20歳代) ブログランキングへ
今回のサシノメイトは勉強カフェ横浜関内ラーニングスタジオスタッフ、丸谷若夏さんです!

017e3ecaf71d056928b668e18c1f8238f3e2dc8636

日頃からエネルギッシュに日々をこなす丸谷さんに、3つの学びを授かりました。

プラダを着た悪魔、という映画を100回以上観ているということで、どの辺りがそんなに響くのかを尋ねました。

1,必要とされている感が自分を突き動かしている

部活はチアリーディングでしたが、そこで先生にとても厳しくされて、そこで耐え抜きました。
その状況と、主人公のアンドレア・サックスを自分と重ね合わせたのです。仕事をバリバリやるのがかっこいいんです。
任せられるのは嬉しいですし。ネガティブにはいくらでもかんがえられますが、そうしないようにしています。
最終的に、自分が必要とされている感が自分をつきうごかしています。それを確認したくて。
そんなに考えて見る映画でもないので、気軽に見ることができるというのもあります。

プラダを着た悪魔は借りて見させてもらいましたが、確かに私も非常にモチベーションが高まります。
見たい映画リストトップ10に入っていたのですが、やっと見ることができました。これは皆見るべきですね。

仕事に対するネガティブイメージを持つのではなく、プラスの側面をとらえ、自分の使命感としている考え方、いいですね。

そして、行動の早さが私が出会った人の中で一番の丸谷さん。おすすめされたものは翌日には行動に移している印象です。

その秘密について訪ねてみました。

2,動いてやっとわかる。

何かおすすめされたことでも、やればやるほど自分が見えてくるんです。やってみて、実感します。
例えばそれが失敗だとしても、実際に自分で失敗したい。
そうしないとわからないんです。過去に、おじいちゃんがテレビが映らなくなって、業者を呼ぶしかない、となった時でも、
本当にそうかな、と思って自力で直そうとしてました。結局治りませんでしたが(笑)
そのように、自分で失敗して、初めて見えてきます。だから、おすすめされると我慢できずにやってしまうんです。

私もテニス部の練習時、コーチに指導されても、本当にそうか?と思ってひたすら自分のやり方でやって、失敗して、初めて血肉となって訂正しようとなりました。

百聞は一見に如かず、また、百見は一動に如かず。

3,影響を与えたいし、与えられたい

勉強カフェの仕事は理想です。
自分で映画の会、若葉の集いの司会とか、任せてもらえて成長できるので。
これをやる、というマニュアル化された仕事が決まってないというのがあって、それが楽しい。
影響を与えたいし、影響を、もらいたい。そして自分が考えて行ったことに対して会員様から直接反応がもらえるのが嬉しいです。

丸谷さん主催の、「CAFE OF THE MOVIE」という、好きな映画について存分に語り合うという企画が勉強カフェ横浜関内では
ありますが、これは毎回大盛況です。

t02200165_0597044812914770591

丸谷さんの求心力と企画力が創りだした賜物ですね。

入社してまもなくして、司会までこなす潜在能力の高さ、その求心力は、会員様に対して、影響を与え与えられ、その反応を授かりパワーに変える、という一連の流れをつくることなんですね。

★丸谷さんのこの一冊「ココ・シャネル 女を磨く言葉」

 

読んでてかっこいいと思います。
自分が言語化できなかったものが言語化されています。特にこの言葉。

かけがえのない人間になるためには、
常に他の人とは違っていなければならない。

そこが、共感できるのは、自分のやることは、何だそれ?といわれても、共感できなくてもいいんだと思えたこと。
一人でもやりたいことはやるんだ、と思えました。
昔は今よりもそのスタンスは、もっとリスキーにもかかわらず貫いているのがすごい。
見てる人は見てると思っていますし、それで自分でお金を貯めて、バンクーバーにも行きました。

この他に迎合しないスタンスは共感いたします。

行動力はこの信念からきていんたんですね。
負けてられないなと思うとともに、シャネルの言葉と同じ気持の人がいることに勇気をもらいました。

★座右の銘はリトルミイの言葉から(ムーミンより)

逆よ、全く逆よ。自分と向き合うにはひとりになるんじゃないわ。いろんな人と関わりあうのよ。お友達とおままごとしろって言っているんじゃないの。自分の知らない、自分を知らない人たちと関わりあうのよ。見えてくるわよ、本当の自分が。

これは、本当にそうで、ひたすら内面を見続けていても、結局自分とは他者との比較によって生み出された実像であり、他者なしに自分とは存在し得ないものだ、という真理をうまく表現していますね。
他人は自分を写す鏡である。

迷わないことが強さじゃなくて、怖がらないことが強さじゃなくて、泣かないことが強さじゃなくて、本当の強さって、どんなことがあっても、前をむけることでしょ。前をね。(リトルミイの言葉)

ポジティブというのは、マイナスを受け入れた上で成り立っている、ということを丸谷さんは強く訴えていました。その上で、強くなりたい、と。

間違いないな。なんかこれ泣きそうになりますね。

★今回のサシノメイト

1800181_574233672673523_1376586090_n

丸谷若夏(まるや わかな)

神奈川県藤沢市出身。
アルバイトで貯めたお金でバンクーバーに単身渡米。海外に目覚める。
帰国後、そこで得た学びを活かし勉強カフェ横浜関内ラーニングスタジオで勤務。ホスピタリティの高さが定評を呼んでいる。また、会員様とのTOEIC点数対決が話題沸騰中。

SEKAI NO OWARIの大ファン。

★今回のサシ飲み場

ふじまつ鮨

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14029086/

01c215e7ef0fc3229b8169fcb7cd68f2933137be8e

01dffa236a027ce589768063e132d07ceecffa46d7

 

ここのうにいくら丼は絶品です。あと、塩で食べる鮨が出てくるのがまた渋い。

■ブログランキングに参加しています。この記事がイイね!と思いましたらクリックご協力お願いします^^


日記・雑談(20歳代) ブログランキングへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>