起業のキッカケは・・・・サシノミスト活動記録その16:山村 宙史さん(3)

今回は3部作最後の勉強カフェ創業者、山村さんとのサシ飲み記録です^^

私が勉強カフェを知らない時に、勉強カフェを思いついたのは、自分がカフェ勉のユーザーであり、カフェ勉できるカフェを求めている人はたくさんいるはずだ、とユーザー目線でほしいサービスで考えていって、行き着いた先でした。

山村さんの場合、そもそものきっかけは「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで、
起業したいと思ったのが始まりだったそうです。

私も、その本を読みましたが、確かにあの本を読むと起業したくなる。

働き方のタイプが4つに分類されていて、
その中の「ビジネスオーナー(経営者)」もしくは「インベスター(投資家)」になることが金持ちになるために必要、という箇所があって、確かにそうだなぁ~と思ったのでした。

実際に山村さんは「勉強カフェ」のビジネスオーナー、しかも今やアライアンス含め13店舗ですからね、その本にかいてあることを実現されていますね。なかなかその通りに出来る人っていないでしょうから、すごいですね。

また、勉強カフェのアイデアの発端として、当時の有料自習室が山村さんの感性で「イケてない」ことがきっかけだったとのことです。

机と椅子があるだけの、殺風景な部屋の中で勉強するのではなくて、静かな音楽がながれ、酒も販売していてデザイン性に富んでいる・・・・イメージがふわーっと広がっていく感じですかね。
自分の、これだ!っていうもの。

これを思いついた時にはもう、やらずにはいられない衝動にかられ、やるかどうかを迷うこともなかったそうです。

起業のタイミングって、そういう自分の確信、っていうのが必要なんでしょうかね。

リスクを考えたり、覚悟をするというのもありますが、最強なのは、「これをやりたい」って確信することなんでしょうね。

それに加えて、その時に勤めていた会社の上司を見ていて、希望を持てない部分があったそうです。
やたら紅茶を淹れるのがうまいらしいのですが、仕事は全然という(笑)

このままではだめになる・・・っていう危機感ですね。

今のセンスの良い、上質なテイストの勉強カフェがつくられたのも、確信を表現した山村さんのセンスが注入されているからだと思いました。

今回の山村さんとのサシノミストでの学びのアウトプットは以上となります。

実感として、いち経営者としてその道の大先輩からの学びは無数にある、という感じでした。

あらかじめ聞きたいことをリストアップしていったのですが、量が多すぎて聞けず終いでございましたw
是非とも継続的にこの会をもうけて頂けないかなぁと個人的には思っています。

自分も山村さんに少しでも近づけるように、いっぱしの経営者として世の中に貢献できるように、背中を追い続けます。

大阪に来てもサシノミストの企画は続けていきますよヽ(=´▽`=)ノ
可能ならば今度は動画もいれていきたい。なんか、インタビュアーになった気分で楽しいんですよね。

カメラマンになって、もっと角度とかも考えて、まるでテレビ番組の企画みたいにするのが最終的な目標です。

立候補して頂ける方、随時募集中です。

最後に、今回のサシ飲み場です!!

「蛸家」

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27005492/

10599655_743114619107935_5310007463311189466_n

ここのたこ焼きは種類がたくさんあってどれもウマイ!!
特に「柚子胡椒」がお気に入りです★
大阪いらした際は、たこ焼き食べに行きましょう(^^ゞ

今回のサシノメイト

-A9fEowv

山村 宙史(やまむら ひろし)

株式会社ブックマークス代表取締役社長
中央大学商学部経営学科卒業

1979年、北海道函館に生誕。 経営者の父と幼稚園の先生の母の元で育ち、小さい頃は親を困らせることもなく真面目で奥手な少年だったと言う。
その後、全国トップレベルの進学校、函館ラ・サール高校に入学。卒業後は東京の大学に進学。
20歳の秋には一人旅で行ったイタリアでイタリア人のホスピタリティに出会い大きな衝撃を受ける。
そして、大手イタリアンレストランの店長、金融関連企業への就職、様々な経験を経て2008年、株式会社ブックマークスを設立。
同年11月に渋谷・北参道に「勉強カフェ」第1号店をOPEN。
新しい業態『勉強カフェ』として各種マスコミから注目を浴び、現在はアライアンス店舗を含め12店舗まで拡大。今年3月には初の田園都市線沿い、「勉強カフェ溝の口スタジオ」がOPEN。

創業期からのブログは必見です。
http://ameblo.jp/microtrend/

現在はこちらのブログに移行
http://learningport.biz/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>