クロマニヨンズ:甲本ヒロトさんと孤独のグルメ:松重豊さん

現在私が崇拝しているクロマニヨンズの甲本ヒロトさんと、孤独のグルメの松重豊さんは30年来の友人だそうです。

こんな偶然ってたまにありますよね。

上京してすぐ、下宿先にほど近い餃子店「珉亭(みん亭)」で
バイトを開始した松重豊さんは、当時から30年来の友人である

甲本ヒロトさんが、偶然同じ日にバイトに入った。

それぞれ芝居とバンドという、違う世界での成功を夢見ていた
二人でしたが、夢への道を歩き始めたばかりという同じ境遇からか
仲良くなるのに時間はかからなかったそうです。

これも運命が引きあわせた2人だったと思う。

すごい確率。

有名になるほど活躍するって、ほんの一握りなのに、

その2人がたまたま同日にバイトに入ったとか、
なにか他の作用が働いているとしか思えない。

以下に、ヒロトさんから松重さんに贈られた手紙を抜粋します。

松重豊くんへ
上京して下北沢で同じ中華料理屋でバイトに入った日が一緒で、
10代の僕らが仲良くなるのに 時間は必要ありませんでした。 僕はバンド、豊は芝居の道を 歩き始めたばっかりでした
そこからバンドと芝居とお互いの夢を語り合ってた日がずっとあったね!
今も俺はバンド、豊くんは芝居…お互い夢をこれからも続けていこう!
あの頃の下北沢の 永遠に続くかのような時間は 今というこの場所に つながっているのだろうか。 こうやって豊に手紙を書いている事も 同じ物語のワンシーンなのだろうか。
そしてあの時のあの場所が スタートだったとしたら ゴールはどこなんだろうか。 30年たった今も僕はバンド、 豊は芝居に明け暮れています。 そう、ちっとも変わっていません。 これからもずっと変わりそうにありません。
もしかしたら、あの時僕らは すでに夢を叶えていたんじゃないだろうか。そう思ったらとても 会いたくなりました。 飲みましょう。
その時は、 この手紙をからかって笑いましょう。

甲本ヒロトより
追伸 おいしそうに食べる様子は あの頃のまんまです。

ヒロトさんの言葉って、シンプルで、味があって、それでいて本質的で、すごい好きです。

こういう偶然って、実は必然なんじゃないかと、ちょっとロマンチックに考えてみたりする。

きっとそこには意味があって、同じ物語の中の登場人物として、必要だったんじゃないかと。

だから、今私の周りにいてくれる人たちは、関わってきた人たちは、大事な大事な、私のものがたりの登場人物の人で、その中の一人でも欠けたら、私のものがたりは未完のまま、エンドロールは流れないでしょう。

いろんな登場人物の人と、こうやってものがたりをともにして、オモロイ。

明日からもまた、ものがたりはつづいていきますね。ハッピーエンドを一緒に描きましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>